トップページ >  ヘナの効果や安全性Q&A >  アレルギー持ちですが使えますか?

ジアミンアレルギーでも使えるのがヘナカラー。しかし、注意点も!

ジアミンなどの化学染料の入った一般の白髪染めにアレルギー反応が出てしまう人にとってはヘナはノンジアミンの染料として使える数少ない天然染料になります。


ヘナの白髪染めについて確実にいえるのは酸化染料を使った白髪染めと違って地肌や髪を傷める心配はないということ。


ただし、アレルギーにかんしてはどんなに高品質で100%天然ヘナが原料であっても、植物アレルギーというものがあるように、ヘナに対してアレルギー反応を起こしてしまう可能性は大いにあります。


ヘナ100%の場合、市販の白髪染めと比べると比較的アレルギーは起こりにくいと言われています。しかし、ヘナは大丈夫でも色の調整のために配合されているインディゴなど他のハーブにアレルギー反応を起こす場合もあるので植物アレルギーの可能性は常に考えておかないといけません。


さらには、流通しているヘナには、化学染料が配合された粗悪な品も多くあります。


そのため、「ヘナは植物染料だから安心!」と盲信してしまうのではなく、植物成分に反応してしまうことがあること、ヘナとはいいつつ化学染料が配合されているケースがあることを頭にいれて、使用する必要があります。


そこで重要になるのが「パッチテスト」です。


ヘナの白髪染めのパッチテストのやり方ですが、絆創膏に水で溶いたペースト状のヘナを塗り、二の腕の内側に貼って48時間置きます。その部分がかぶれた際は使用できません。


注意したいのは、生理中など体調がいつもと違う場合にアレルギー反応が出る場合があるということです。そのため万全な体調の時にパッチテストを行って判断するようにしてください。


2回目以降についても、前回大丈夫だったからと勝手な自己判断をするのではなく、面倒ですが、パッチテストはその都度必ず行うようにしてください。今までアレルギー反応が出たことがなくとも今回は出てしまうかもしれないからです。


頭皮にかぶれやかゆみを起こしたり、頭痛などの症状が出てしまってからでは遅いです。