トップページ >  ヘナ初心者Q&A >  安心・信頼のヘナ100%を購入するには?

安心・信頼のヘナ100%を購入するには?

「ヘナ染めするなら自宅それとも美容室?」でも触れましたが、高品質で安全なヘナを選ぶというのは非常に大変です。余計な不純物が配合されているもの、酸化染料など化学成分が配合されているものなど玉石混合だからです。


ヘナの基本知識として知っておきたいのは、ヘナが染料になるのはローソンという天然色素が含まれているからです。そしてこのローソンは赤い色をしているため、ヘナ100%の染料を使うと赤やオレンジといった髪色に染まります。


そのため赤やオレンジに近い色以外に染まるヘナカラーというのは、何かしら他の成分が配合されているということです。実際、白髪を赤やオレンジに染めたいという日本人は少ないので暗く染まるようにあえてジアミンなどの化学染料を少量配合している商品は多いです。


髪や頭皮に刺激を与えなくないからとか、ジアミンアレルギーだからということでヘナを使用すると思うんですが、良かれと思ってヘナカラーを使用したら少量とはいえ化学染料が入っていたでは済まされないはずです。


頭皮や髪へのダメージ、アレルギーを発症してしまっては大事です。ヘナで白髪を染める場合は、必ず信頼できる美容室か信頼できる販売元からヘナを購入しないといけません。


高品質のヘナを見分けるポイントですが、良質なヘナの粉末は粒子が細かく、水に溶かすと粘り気が出ます。また、通常ヘナは薄い緑色、ウグイス色、または、少し茶色がった緑色をしています。


産地や収穫時期によりこの色合いは多少は変わりますが、保存状態が悪かったり、古い物は黄色や褐色になってきます。また、きれいな緑色になるように化学染料を混ぜているものもあるので注意が必要です。


さらに、ヘナのニオイも良質なヘナを見分ける際に参考になります。良質なヘナは抹茶や干し草、又は、芝生のようなニオイがしますが、化学染料が混ざった場合は金属系のニオイがします。


購入する前に判断できるのは成分表だけですから、成分表記のないヘナはとりあえず避けたほうがいいです。ただ成分表記では100%ヘナという表記があっても、葉だけでなく品質を落としてしまう茎も一緒に配合して100%という意味だったりすることもあります。


こうしたイカサマは産地で行われている場合が多く、販売元に聞いても対応できないということもあります。ただ、ちゃんとした販売元は産地として信頼できるところと契約しているので、とにもかくにも良質なヘナを手に入れるにはいかに信頼できる販売元を見つけるかがすべてです。