トップページ > ヘナで黒髪を染められますか? > 髪を傷めないヘナで黒髪を染める。そんなことできますか?

髪を傷めないヘナで黒髪を染める。そんなことできますか?

結論からいうと、ヘナは白髪を目立たなくするのには向いていますが、黒髪を染めるのには向いていません。髪が傷まないのでヘアカラーがわりに使えたらうれしんですけどね。


そのため、黒髪にヘナ100%を使用してもオレンジに染まるということはありません。


仮に黒髪に使用した場合は、ほとんど髪に色は付きません。太陽や蛍光灯などの下に入ると、光の加減で赤やオレンジ色に若干発色する程度です。髪のトーンアップになったかな?という程度。


市販のカラーリング剤を使用した場合は、一度、髪の色を脱色してから色を入れる仕組みになっているので、どんな色にでも鮮やかに染めることができますが、ヘナで染める場合、脱色せずに黒髪の上に色が入るので、はっきり色が変わったようには見えないんですね。


市販のカラーリングと同じような効果を期待するのは残念ながらちょっと無理です。


もし、髪の傷みを気にしてヘナを使いたいということであれば、カラーリング剤としてより、トリートメント効果を期待して使ったほうがいいと思います。ヘアカラーやパーマで傷んだ髪、キューティクルが剥がれてしまった髪を整えるトリートメント効果はヘナは抜群です。


ヘナには、カラーリングやトリートメント効果の他に、皮膚病の予防やその薬効成分を生かした漢方的な働きもあるので市販のヘアカラーを使った後の髪のケアにはうってつけです。


このようなトリートメント効果はヘナ100%の高品質なものを使った場合のみ期待できるものなので、ジアミンなどの化学染料を混ぜた粗悪品を購入しないように注意する必要があります。