トップページ > オレンジ色以外の色に染められますか? > ヘナでオレンジ色以外の髪色に染めることは可能。ただし...

ヘナでオレンジ色以外の髪色に染めることは可能。ただし...

ヘナはローソニアという赤みがかかったオレンジ色の色素成分が染料になります。


そのため100%の天然ヘナを使って白髪を染めるとオレンジから赤色に染まります。ただ、黒髪の日本人の場合、白髪を目立たなくしたいと思っていてもオレンジ色に染めたいという人は少数なんですよね。


そんなわけで、天然ヘナ100%では日本人の髪色に合った暗い色で染められないということで、インディゴをはじめとした暗い色の色素を持つ他の天然ハーブが配合された形で商品になって売られているものが多いです。


ただ、こうした暗い色に染められるヘナというのはいくつか注意すべき点があります。


1つは、他の天然成分の割合を増して色を調整している分、ヘナの割合が減り、ヘナの白髪染め以外の効果であるトリートメント効果やデトックス効果が薄れてしまうということです。ヘナの力を最大限に生かすためには、やはり天然ヘナ100%が一番です。


最初は鮮やかなオレンジに染まってしまいますが、何度も繰り返し使うことで徐々に赤茶色になっていきますから、仕上がりの色をどうしたいかでヘナ100%を使うか、他の植物染料が混ざっているものにするか考えたほうがいいですね。


もう一つが、ジアミンなどの化学染料を配合して暗い色に仕上げるものも流通しているということです。ほとんど真っ黒に近い色に仕上がるというヘナや安物はこういうケースが多いですから気をつけてください。


黒に近い色に染めたい場合、一番効果的なのは、天然ヘナ100%を使って一度染めてからインディゴで二度染めする事です。真っ黒に染まることはないですが、ダークブラウンぐらいに近い色ぐらいにはなります。


インディゴなどのハーブが配合されたヘナもありますが、最初からインディゴが配合されているヘナでは思ったように染まりません。黒に近い色に仕上げたいならヘナで一度染めてからインディゴで仕上げるというようにしないうまく色は入りません。