トップページ >  ヘナでの染め方Q&A >  色落ちや染める間隔の目安は?

ヘナの白髪染めの色落ち具合、染める頻度や間隔について

せっかく白髪染めをするなら色落ちや染める頻度がどの程度なのか気になるところ。


白髪染めは決して安くはない値段ですからあまりに色落ちが早いとか、頻繁に染めないといけないということになるとお金ももたないし、髪や頭皮へのダメージもバカになりません。酸化染料で染める刺激の強い白髪染めを使う場合は特にそうです。


ヘナの白髪染めの場合はどうなのか?というと、染めた直後は多少の色落ちがありますが、一度色が入ると髪を切らなければ、なくならないというほど色は持ちます。長持ちです。


ヘナは一度に染まるものではなく、数回使っていくうちに徐々に色が入って定着していくもので、使い始めは物足りないかもしれませんが、繰り返し染めていくうちに染まりやすくなりますし、色落ちもしにくくなっていきます。


たまに、「ヘナで何回も染めているけれど、すぐに色が落ちてしまう」と言う人がいますが、その場合は化学染料が配合されたものか、不純物が混ざった低品質なヘナであることが原因ではないかと思います。


ただ、色落ちしなくとも白髪は毎日新しく伸びてくるものです。早ければ3週間、平均すれば1か月もすれば生え際が白くなってくるのが普通で定期的に白髪染めをしなければなりません。


だいたい常に髪色はキープするには3週間から1か月に1度は白髪染めをする必要があります。3か月に1回、カットと一緒に白髪を染めて、その間は自分で自宅で生え際をリタッチするという人が多いと思いますが、いかがでしょうか?


生え際だけ、目立ってきた部分だけを小まめに2週間おきぐらいにヘナで白髪染めできれば、トリートメント効果もありますし、髪色は常にきれいでいられます。ただ、美容院でやってもらうにしても、自分で染めるにしても時間がかかるし、準備や後片付けがちょっと面倒です。


それから、ヘナの場合、ヘナ100%では赤っぽい色に染まりますから何回かに1回はインディゴ配合のヘナで黒味を出したりといったことが必要になってくるなど、やっぱり手間がかかります。


なので、色持ちにかんしてはヘナのほうが圧倒的に上ですが、生え際のリタッチなど小まめに染めるという場合にはトリートメントタイプの白髪染めを使ったほうが便利かもしれないですね。