トップページ > ヘナとパーマはどっちを先にすべき? > ヘナで白髪を染めて、パーマもかけたいという場合

ヘナで白髪を染めて、パーマもかけたいという場合

ヘナを使うとパーマがかからないとか、かかってもすぐにパーマが落ちるなどパーマの持ちの悪さがよく指摘されることがあります。100%の天然ヘナを使用した場合は特にその傾向が強いです。


ヘナで染めた後にパーマをかけてもかかりにくいし、あるいはかかってもすぐ落ちてしまうその理由ですが、これはヘナに含まれている酸性の成分とパーマ液のアルカリ性が中和してしまうからです。


そのためヘナで白髪を染めて、パーマもかけたいという場合は先にパーマをあてて、それからヘナで白髪を染めるという順番で行うのがベストです。これなら白髪も染まるし、パーマもかかります。


目安としては、パーマの後、1~2週間経ってからパーマが髪に馴染んだ頃にヘナで染めるとパーマで傷んだ髪や頭皮もケアできますし、ヘナの成分がパーマ液のアルカリ性を中和するということもないので、パーマが落ちることもありません。


ヘナで白髪を染めて、パーマもかけたいという人は、「先にパーマ・後で白髪染め」ということを心がけるようにしてください。


それからもうひとつ縮毛矯正とヘナとの関係にも触れておきます。


縮毛矯正とヘナは、これは相性が悪いというより天敵といっていいぐらい互いに反発します。


ヘナで白髪を染めてから縮毛矯正をしようとすると縮毛矯正がかからないですし、縮毛矯正の後にヘナで白髪を染めると縮毛矯正が落ちてしまうのでどうにもならないんですね。


そのため、もし、縮毛矯正+ヘナ白髪染めをしたい場合は、ヘナで白髪を染めてから1週間以上、間を空けてから縮毛矯正をします。逆の場合も同じで、縮毛矯正をしてから1週間以上、間を空けてからヘナをします。


これをして、やっとなんとか白髪も染まって、縮毛矯正もできたという状態になります。


補足情報を付け加えると、ヘナを使い続けるとそのトリートメント効果で、縮毛矯正がいらなくなるぐらいまで髪がトリートメントされてくるといいます。本当は髪や地肌に悪いから縮毛矯正やめたいんだよねーという人はぜひ集中してヘナでのトリートメントを行ってみてください。