トップページ >  ヘナ中級者Q&A >  シャンプーが悪いとヘナで染まらない?

ヘナは、シリコンシャンプーとの相性が悪いです。

現在市販されているほとんどのシャンプーやコンディショナーはシリコンを配合しています。


シャンプーなどでよく使われるアルコール系の洗浄成分は、少量で良く泡立ち洗浄力が強い反面、髪がきしんで指通りが悪くなってしまう弱点があるんですが、その使用感の悪さを改善してくれるのがシリコンなんです。


髪をシリコンでコーティングすることで指通りなめらかなサラサラな髪になります。しかし、白髪染めにかんしていえば、シリコンでコーティングしてある髪にはヘナの色が入りにくくなってしまいます。


シリコンでコーティングされた髪をいくらヘナで染めても色は入っていきませんし、奥まで浸透しないのですぐに色落ちしてしまいます。シリコンシャンプーがヘナと相性が悪いというのはこうした理由があるからです。


もし、ヘナで髪を染めようとしたけれど、思うように染まらなかった、すぐに色落ちしてしまったという場合は今使っているシャンプー、すなわちシリコンシャンプーが原因だったのかもしれません。


そのためヘナで白髪染めをしようと思ったら、アミノ酸系、石鹸シャンプーなどのノンシリコンシャンプーに切り替えたほうが発色もよくなりますし、色持ちもよくなるはずです。


以前はマイナーだったノンシリコンシャンプーがいまでは普通に店頭に並ぶようになり、手軽に手に入るようになっています。この背景には女性のヘアケアのなかでも「スカルプケア」が注目されるようになってきていることがあります。


ただ、そのスカルプケアというのは正しい情報というよりは、自社製品を売りがたいための宣伝や主張が事実だと誤認されているところもあり、シリコンは毛穴に詰まるとか、頭皮に悪影響がある、などという扱いを受けています。


こうしたシリコンシャンプー悪者説がノンシリコンシャンプーブームに影響しているのは間違いないです。


はっきりいってそこまで頭皮に悪い影響をシリコンシャンプーが与えているか?というとそこは疑問なんですが、それとは別に、ヘナで白髪を染める場合にはシリコンシャンプーは相性が悪いというのは、これは事実なんです。