ヘナの白髪染めQ&A~髪と頭皮にやさしい植物染料特集

ヘナ~髪や頭皮を傷めない植物染料

髪や頭皮を傷めてしまう酸化染料(ジアミン系)のせいで髪も溶け、アレルギーになり、抜け毛や薄毛になってはじめて化学成分の恐ろしさに気づきます。経皮毒といって皮膚から吸収された有害物質がさまざまな疾患の原因になる可能性も無視できません。


最近はあらゆる分野で自然派志向、オーガニック志向が鮮明になってきているのですが、白髪染めも例外ではありません。髪や頭皮にやさしいものを使いたいという人が増えているんです。


そんな人達に昔から愛されているのが「ヘナ」です。


色が定着するのに時間がかかるという問題はありますが、トリートメント効果は抜群で、髪にハリとツヤ、頭皮も毛穴をきれいにクレンジングできるので抜け毛や薄毛予防にも活躍してくれます。


そんな「ヘナ」の白髪染めについてまとめたのが当サイトです。ヘナのメリットやデメリットから上手く染めるコツ、自分なりのアレンジ方法などおもに初心者から中級者向けに情報をまとめて整理しました。ヘナによくあるQ&Aもあるのでぜひ参考にしてみてください。

ヘナの白髪染めはこんな人におすすめ!

・ジアミンアレルギーでドラッグストアにあるような白髪染めが使えない!
・長年の白髪染めで髪がボロボロ。最近は抜け毛も増えてきたような...
・髪のハリやツヤを大事にしたいから白髪染めは髪や頭皮に負担のかからないものを使いたい!
・トリートメントタイプの白髪染めを使ってみたけれど全然染まらなかった。


基本的には1本残らず白髪をしっかり染めたいという人ではなく、髪や頭皮にやさしいことを優先したという人が使うといいと思います。また、アレルギー反応がでてしまって普通の白髪染めを使えない人はヘナなど植物染料で染めるしか方法はないと思います。


また、最近人気のトリートメントタイプの白髪染めですが、髪の表面に色をつけるヘアマニキュアタイプということで染まりが悪いという弱点があります。ヘナは染まりは悪いですが、一度色が定着すると滅多なことでは色落ちしなくなります。しかし白髪染めトリートメントはシャンプーするごとに落ちて2週間も持ちません。


髪や頭皮に優しいという点はヘナと同様で、アレルギーの人も使えてうれしいのですが、色落ちの早さを考えるとヘナで染めたほうが費用対効果は高いのかな?と思います。もちろん手軽さという点ではヘナよりも上なんですけど。


高品質のヘナは本当にいいものですから、一度は使って自分の髪でその効果を試してみることをおすすめします。